水出しコーヒーを飲んだことありますか?前の日の夜にセットしておけば翌朝にはすっきりおいしい水出しコーヒーができあがる優れものがあります。

 今はコンビニでもおいしいコーヒー飲めますよね。コーヒー好きのTOM屋父としてはうれしい限りですが、水出しコーヒーの作りたてを飲む機会は皆さん少ないのではないでしょうか。実はおうちでも簡単に飲めるのです。

ダッチコーヒー サムネイル

画像JASONBONfromPixabay

 

 

水出しコーヒーはすっきりしているので、胃腸がつかれている夏でも飲みやすいんです。

 なかなか専門店でしか飲めない水出しコーヒーは、水で時間をかけてじっくり抽出するので、苦みや酸味が出にくく、香りとえぐみの少ないとってもスッキリしたコーヒーになります。温かいコーヒーだと感じにくい苦みや酸味がアイスコーヒーだと気になる方はいらっしゃるのではないでしょうか?水出しコーヒーはそういった苦みなどが少ないため、アイスコーヒーにしてもスッキリ飲むことができます。

水出しコーヒーって作るのって大変じゃないの?

 いいえ。普通のコーヒーを作るより簡単です。でも専用の道具が必要なのです。いろいろあるのですが、とてもリーズナブル(3000円くらい)で簡単に作れるiwakiのウォータードリップコーヒーサーバーがとてもおすすめ。調整などもできない作りなのですが、それが逆にシンプルで使いやすいです。

iwaki ウォータードリップコーヒーサーバー

(画像Link:Amazon商品サイト)

シンプルで細かく作りこまれて簡単に作れるのがとても良いです。

 コーヒー粉を目の細かいメッシュ付きのストレーナーに入れ、水タンクに水を入れて、ガラスにセットして、フタをするだけで翌朝にはおいしい水出しコーヒーができています。高さが合えば冷蔵庫でもできるので、冷えた状態で取り出して氷で味が薄まる心配もないです。

 また、見た目もスタイリッシュで蓋もできて衛生的です。フタが黒で全体を締める役割を果たしてくれます。ゆっくりガラス部分に茶色のコーヒーが入ってきて、ぼーっと見ているだけでもなんだかリラックスできます。まるで雨の日に軒先から垂れる水滴がバケツにトンットンッと入っていくような感覚。

 

(画像Link:YAHOO!商品サイト)

ウォータードリップサーバーのここがすごいのです。

 水出しタンクの先についている穴。ほとんど見えないくらいの小さな穴です。それから水を伝う独特な形状。とても小さな穴を作るのだけでも大変なのに、その先にある形状が複雑でこの形を作るのはとても大変なことです。

(画像Link:YAHOO!商品サイト)

 

水出しコーヒーにはどんな豆が合う?

 できればコーヒー豆のお店に行って、水出しコーヒーに合う挽き方や焙煎度合いを調整した方が、よりおいしいコーヒーになります。

 挽き方:濃いめが好きなら、細挽き。すっきり飲みたいなら中挽き

 焙煎度合い:深炒りのイタリアンローストかフレンチロースト(イタリアンのほうが香が強くなります)

 

<本日のまとめ>

 専門店でしか飲めないと思っていた水出しコーヒーですが、簡単な道具で家庭でも飲めるのです。暑い夏にとってもおすすめなので、是非皆さんもチャレンジしてみてください! 

(初版:2020/6/26) (更新:2020/6/26)

By TOM屋父 (Tom屋ブログ LifeStyle

   プライバシーポリシー / お問い合わせ / ©TOM屋Lifestyle