電気ケトルなんていらないと思っていたけど、最近のは温度調節が細かくできるのでこれはありだと思います。

 十年以上前に流行っていたので、t-falの電気ケトルを持っていましたが、一か月もたたないうちに使わなくなくなった経験があったので、これまで電気ケトルはいらないとおもっていましたが、これが欲しかったんだよ!という機能が付いているのに気づいたので、調べてみました。

画像:ガス台に置かれたやかん https://www.pakutaso.com/20200611156post-27515.html

画像:ガス台に置かれたやかん

https://www.pakutaso.com/20200611156post-27515.html

 

 

なんだか見た目もおしゃれだし、欲しかった機能がついていて、良い電気ケトルがあるじゃないか!

 TOM屋がt-falを使わなくなったのは、当時はすぐに沸く!のが時短で良いと思っていましたが、そんなに急いでお湯が欲しいタイミングはないからだと思います。正直そこ2-3分の時間は、大した時短にならないことに気づいたからと、プラスチック臭がダメだった2点です。あと見た目もあんまりだったですね。

 ところが、最近は見た目も、機能も素晴らしいものが増えています。これでおいしいコーヒーを飲みたい!!

画像:ブラックコーヒー https://www.pakutaso.com/20200652170jpg.html

画像:ブラックコーヒー

https://www.pakutaso.com/20200652170jpg.html

 

電気ケトルにどんな機能が欲しいか?皆さんはどうでしょうか?

 TOM屋家的には下記機能が欲しいと思っています。

温度調節機能:コーヒー、お茶、紅茶、それぞれの種類別でおいしい温度が違う。

内側がプラスチックでないものがほしい:お湯になるとニオイが気になる

ちょい注ぎがしやすい:コーヒーを入れるのに、微妙なさじ加減が欲しい。

見た目がよい:これは感性の問題なのでなんとも言えませんが。。

 

 TOM屋父は野田琺瑯の月兎印のホーローポットが温度調節のできるポットになったらいいのに。と思っていたのです。

野田琺瑯 月兎印 スリムポット

TOM屋はキャンプにこれと、普通のヤカンを持っていきます。ヤカンだとコーヒーを入れるのにちょっと注ぎにくいので、ホーローポットに入れ替えてから使います。

(画像Link:Amazon商品サイト)

 

欲しい機能が付いているケトルがあるんです。でもいろいろあって迷ってしまう。

 sirocaのケトルを最初に見つけて、他にないか?とみてみたらいろいろありました。機能は似ているので、予算と見た目で選ぶのがいいのですが、どれも迷ってしまいます。

 機能としてはおしゃれで温度が調節できて、注ぎやすい、ステンレスのケトルです。

 

siroca 温度調節電気ケトル SK-D171

 キッチン家電で欲しい機能と現代のデザインに当てはめるのが上手なメーカーです。比較的新しい家電メーカーですが、価格とのバランスも良いので、これからもいろいろと気になる商品を出しそうな気がします。

(画像Link:Amazon商品サイト)

kaden.watch.impress.co.jp

ビタントニオ「ACTY」(0.8L)VEK-10-K

 ワッフルベーカーで一躍有名になったビタントニオですが、こだわりを持ったキッチン家電は、こういった商品でも力を発揮します。持ち手の部分が異なる素材だったり、見た目にも魅力のある商品です。機能としても申し分なく、ヒーター部分はフラットなデザインなのでどんなキッチンにも合いそうなシンプルなところが良いです。

(画像Link:Amazon商品サイト)

chakatsu.com

 残念ながら一部自主回収があったようなので、重要なお知らせも添付します。きちんと不具合の案内ができるメーカーなので安心できます。

www.vitantonio.jp

 

ヤマゼン 電気ケトル(0.8L)YKG-C800

 十分な機能と外観を備えています。コードのところが壁に寄せやすいように工夫されていたりする部分が細かいですがGOOD。ポイントを押さえたトータルバランスのよいコスパの優れた商品です。

(画像Link:Amazon商品サイト)

kaden.watch.impress.co.jp

デバイスタイル 電気ケトル(0.8L)KA-800C

 こちらは変わり種ですが、温度調節機能がついていない、温度計が付いたケトルです。勝手に調節してくれないですが、欲しい温度を自分で調節しやすいので、エントリーしました。見た目が北欧風のきれいな白なので、それが惹かれるポイントです。

(画像Link:Amazon商品サイト)

いろいろ見てみて、使い方のポイントとして考えられることはコレです。

水道水を使うのはやめた方がよい。

 一度沸騰させてから、欲しい温度にするのは時間がかかるので、沸騰させなくてもよい、ミネラルウォーター(軟水)を使うのが良いです。

キャンプの電源サイトなら持って行っても良いと思う。

 キャンプで火で沸かすのも良いのですが、それにコンロを使ってしまうと、ちょっと邪魔だったりします。そういうときはキャンプの電源サイトで使えますね。

黒が多いのが気になる。

 黒色デザインはスタイリッシュで良いのですが、汚れやほこりが目立つ色なので、あまり家電では欲しくない色だと思っています。逆に考えると目立つので掃除を頻繁にすることで、清潔を保てるメリットがあります。面倒ですが。。

 

<本日のまとめ>

 TOM屋ではトータルバランスと価格と見た目でsirocaに決めました。皆さんもこの中で気になる商品があれば、チェックしてみてください。

(初版:2020/6/20) (更新:2020/6/20)

By TOM屋父 (Tom屋ブログ LifeStyle

 

   プライバシーポリシー / お問い合わせ / ©TOM屋Lifestyle