部屋にいても熱中症対策をするために、麦茶を毎日作っているけど、やっぱり使うのはこの冷水筒です。

 皆さん飲み物飲んでいますか?今年は例年よりまだ涼しい感じはしますが、TOM屋家では夏に関わらず、毎日麦茶を沸騰させたお湯で作っています。それに使う冷水筒は定期的に買い変えているのですが、最近はずーっと同じものをリピートしています。

冷たい麦茶

画像:ZichrinifromPixabay

 

 

冷水筒はiwakiのハンディーサーバーがとっても使い勝手抜群。

 ガラスだけでなくプラスチックも含めればすごい数の商品がある冷水筒。その中でも価格が安くて、使い心地の良い冷水筒はあまりない印象でした。でもTOM屋はこのハンディサーバーを導入してから、ずーっとリピートしています。

(画像Link:YAHOO!商品サイト)

何が良いのか。iwakiのハンディサーバー。

(画像Link:YAHOO!商品サイト)

取っ手が大きくてしっかりしている。

 部分が大きくてしっかりしているのと、うまく角が削られているので、手に持った時の冷水筒の重量感が分散されていて、傾けて注ぐときも注ぎやすいです。

 

ガラスのサーバーでは容量が比較的多い。

 冷水筒タイプの中では1.3Lと比較的量が多いのがとても良いです。ヤカンとのサイズもちょうど良いのが魅力。

 

大きいのにちゃんとドアポケットに入るサイズ。

 他の冷蔵庫と比較していないので、すべてに当てはまるかどうかはわからないですが、TOM屋家の普通の冷蔵庫では問題なく入るので、他のメーカーでも入ると思います。容量があって、ドアポケットに入るのはとても便利。

耐熱ガラスなのでとても安心。

 TOM屋家では麦茶は沸騰させたお湯で作ります。だいぶ昔に水出しをしていたのですが、お湯で作った方がまろやかで飲みやすい印象です。熱湯をいれるので耐熱ガラスでなければなりませんし、プラスチックと違って安心な材料なのでとても良いです。

 

価格が安い。

 先日新たにこの商品をイトーヨーカドーで買ったのですが、一緒にならんでいる同じ容量のプラスチックの冷水筒より安かったです。耐熱ガラスなのにとても不思議です。

 

iwaki(AGCテクノグラス) ハンディーサーバー 1.3L

(画像Link:Amazon商品サイト)

実はすごい麦茶の威力!

 TOM屋父も小さなころから飲んでいます。夏といえば麦茶。ただの水だと味気ないですが、麦茶だとおいしいですよね!この麦茶は実は様々な効果をもたらす飲み物です。それは、血液をサラサラにする、胃の粘膜を保護する、熱を冷ます効果などが代表的な効果。どれも体を守るために必要な効果で、夏場は特に気にしなければならないところだと思います。ミネラルも含まれているので、あとは塩分をとれば熱中症対策にもなりますね。

 

麦茶は痛みやすいので、夏場は特に1日で飲んじゃいましょう。

 麦茶は作ったら賞味期限は1-2日です。意外と短いですよね。夏場は特に暑くなるので、きちんと冷蔵庫で保管し、できるだけ一日で飲み干してしまいましょう!TOM屋でも昔は入れ替えるのが面倒だったので大容量の2Lくらいのプラスチック冷水筒を使っていた時期もありますが、今は1.3Lの冷水筒を2本使って、一本なくなったら次作る。のサイクルに変えています。

 

<本日のまとめ>

 コンビニやスーパーで飲料を買うのも良いですが、麦茶を家でつくれば、節約にもなるし、おいしいし、熱中症対策にもなるし、良いことばかりです。それをいれる冷水筒も是非使いやすいものを使ってみてはいかがえでしょう!

 

(初版:2020/7/4) (更新:2020/7/4)

 

By TOM屋父 (Tom屋ブログ LifeStyle

   プライバシーポリシー / お問い合わせ / ©TOM屋Lifestyle