ジメジメする梅雨で布団が干せないときどうしてますか?梅雨以外でも雨が続いているときは三菱の布団乾燥機がとても活躍しますよ。

 皆さんの一日の睡眠時間はどれくらいでしょうか?5時間?それとも10時間?極端に睡眠時間が少ない人もいますが、ほとんどの方は一日の1/4以上布団にいると思います。その時間を過ごすのに、快適にする方法は人それぞれあると思いますが、TOM屋では布団がふっくら爽やかかどうか?が結構重要です。

画像:布団を干す民家 https://www.pakutaso.com/20110744212post-454.html

画像:布団を干す民家

https://www.pakutaso.com/20110744212post-454.html

 

 

 

ちょっと手間がかかるけど、三菱の布団乾燥機が最強だと思います。

 もちろん布団を日光にあてて干すのがTOM屋は一番だとおもいますが、三菱の布団乾燥機はマット付きでダニにも強いということで、とっても信頼している一つです。

 三菱の布団乾燥機はマット付きなのでセットするのに手間がちょっとかかります。でもその分機能的に働いてくれます。

 きちんと作りこまれた機能なので、一年中快適な布団をつくることができる三菱電機の布団乾燥機は一家に一台おすすめです

三菱電機 フトンクリニック

(画像Link:Amazon商品サイト)

 コスパだけを考えると最近はマットなしの、温かい空気を送り込んで乾燥させるタイプが増えてきています。口コミ評価をみてもアイリスオーヤマの布団乾燥機が軒並み上位にいます。これも良さそうですね。

アイリスオーヤマ ふとん乾燥機 カラリエ

(画像Link:YAHOO!商品サイト)

三菱の布団乾燥機がどんな機能があるの?

ダブルサイズまで対応できて、さらに枕も一緒に乾燥できます

 大きいマットが全体にむらなく均一に温度を送り込むことができるし、一緒に枕を挟んで枕も乾燥できます。

三菱布団乾燥 乾燥イメージ

(画像:三菱電気商品サイトhttp://www.mitsubishielectric.co.jp/home/futon/)

快適温度コントロールで一年中寝やすい環境をつくれます

 一定温度まで上げたあとに夏は常温まで戻すし、冬はあったかいところで保温してくれます。春や秋も快適な温度になるように保温します。設定はボタンで簡単にできます。

三菱布団乾燥 快適温度コントロールイメージ

(画像:三菱電気商品サイトhttp://www.mitsubishielectric.co.jp/home/futon/)

ヒートパンチマットでダニ対策できる

 マットで布団を包み込むようにセットすることで、ダニの逃げ場をなくしてダニを倒します。

ヒートパンチ 温度イメージ

(画像:三菱電気商品サイトhttp://www.mitsubishielectric.co.jp/home/futon/)

ヒートマップセット方法

(画像:三菱電気商品サイトhttp://www.mitsubishielectric.co.jp/home/futon/)

洗濯小物乾燥・くつ&長ぐつ乾燥

 アウトドアなどレジャーで使ったものの乾燥や、靴や長靴なども乾燥できるので、使った後すぐに清潔にできます。

小物乾燥イメージ

(画像:三菱電気商品サイトhttp://www.mitsubishielectric.co.jp/home/futon/)

靴乾燥 イメージ

(画像:三菱電気商品サイトhttp://www.mitsubishielectric.co.jp/home/futon/)

倒したダニは掃除機で吸い込むのをおすすめします。

 布団用アタッチメント単体でもうっていますが、布団用アタッチメントが付いていてさらにいろいろな機能がある、とてもスマートな掃除機があります。

三菱電機 iNSTICK インスティック

 この掃除機は、1台で4役をしてくれる超優れものです。吸引力で最高のダイソンも良いですが、日本向けに設計されてニーズにとてもマッチしています。掃除機、ハンディ掃除機、フトン掃除、そして空気清浄もしてくれるのです。

(画像Link:Amazon商品サイト)

<本日のまとめ>

 実は布団乾燥機以外でも、とても良い機能の家電商品をだしている三菱電機。あまり宣伝をしないので、知らない方が多いのと、デザインが世の中に追い付いていないというのが現状です。掃除機なんかは良い線まで言っているかと思いますが、やっぱりちょっといまいちなデザインなのです。機能を追求するのはうまいメーカーなので、もっとデザインに遊びを持っていったらとても売れるじゃないかな?と思うTOM屋父です。

(初版:2020/6/25) (更新:2020/6/25)

 

By TOM屋父 (Tom屋ブログ LifeStyle

   プライバシーポリシー / お問い合わせ / ©TOM屋Lifestyle