【高い=良いではない】初心者キャンパーのおすすめテント2選!

 

キャンプ場の空


 本日も昨日から始めている6日間連続シリーズの【初心者キャンパー必見!!】初めてのキャンプグッズはこれ!の中から、

 

tomya-lifestyle.com

 

テントについて詳しく取り上げていきます。これからキャンプを始めるかた、キャンプを始めたばかりの方へテントの選び方について必要なスペックなどを紹介していきます。

 

 

 

 

高いテントは良いテントです。でも最初に高いテントは買わないで。

 キャンプをするにあたって、最初に誰もが最初に検討するのは”テント”だと思います。でも、ブランドも種類もたくさんあってどれがいいかわからない

 買うにあたっては、いろんな人のブログを見たり一緒に行く人に聞いたり行く前にショップの店員さんにアドバイスを受けたりすることが多いと思いますが、ほとんどの人が、coleman、logos、snowpeakなど有名ブランドの入門用などをおすすめすると思います。品質も良いし、間違ってはいないですが、まだ始めたばかりか、これから始めるのにいいお値段のテントを買うのは勿体ないです。

 なぜなら、テントは使わないと傷みます。もしキャンプにハマってきて、年に何度もいくようになるなら、有名ブランドの良いものをそろえたほうが良いです。というか必ずそうなります。*キャンプはハマるといい道具をたくさん揃えたくなります。必ず。

 最初はそこそこお値段の手ごろなシンプルなもので揃えていくことが、TOM屋父からのおすすめです。

*それとレンタルはあまりお勧めしません。どうしてもテントは張るのにコツが必要なので、キャンプに行く前に練習をしたほうが良いです。当日時間がかかって、そこに労力を使うと、キャンプが楽しくなくなりますので。。

 

どんなテントが良いのかわからない?最低限必要なテントのスペックはこれです。

耐水圧1500mm以上

 フライシートと呼ばれる部分(テントはインナーテント部(内側)とフライシート部(外側)に分かれています)、耐水圧がこれ以上ないと雨漏りをする可能性が非常に高くなります。

シングルタイプ*は選ばない

(*フライシートとインナーテントで分かれていないもの)

 ソロの場合は別ですが、熱がこもったり、結露で床がびしょびしょだったり、使い物になりません。

ワンタッチタイプ、ポップアップテントはNG

 簡単なので良いですが、はずみで壊れた時に修復不可能です。

大きさは推奨スペックに+1~2人

 一人のキャンプの場合は別ですが、複数人の時は、寝るときに狭いと息苦しいですし、荷物をテント内に入れたいときに余裕がなくなります。

通気性の良い構造のものにする

 夏場は非常に熱くなるため、風の通らない構造のタイプは夜冷えてくるまで、中に入れません。

なるべく設営が簡単なものを選ぶ

 テントを立てることが、キャンプの醍醐味ではないです。そこに時間と労力を使わないようにしましょう。

 

TOM屋がおすすめする設営簡単で風に強いテントは、ワンポールテントです。

 居住空間としては壁側は狭くなり、ポールがあるので少し邪魔にはなりますが、組み立てはとても簡単なので、私はこのタイプをお勧めします。フレームをたくさん入れるテントはそれを入れるのに手間取ったり、安いテントだとフレームに使っている、グラスファイバーが折れたり、裂けるので注意が必要です。

 

DOD ワンポールテント

 耐水圧が2000mmなので、大雨でも安心。前後2か所が解放できるので、通気性がとても良いです。しかし、インナーテントはメッシュ構造なので、春先や秋で寒い時は不得意です。

(画像Link:Naturum商品サイト)

ハイランダー ワンポールテント BIG420

 グランドシート(テントの下に敷く)が付属しているものがあります。TOM屋父はブルーシートの迷彩タイプをうまく加工して使っていますが、ワンポールテントは形が特徴的なので、代用品がなく、メーカーのものを使うのが楽です。これは付属しているので、便利。

 入口も前後にあるので、通気性も良いです。

(画像Link:Naturum商品サイト)

 

 

<本日のまとめ>

 これからキャンプを始める、始めたばかりの方にはワンポールテントをお勧めします!そして、はまったら次はもっといいものが欲しくなります。必ずです。

 まずは、みなさんが楽しくキャンプができる、キャンプはいいものだと感じていただける。そんなテントを紹介しました。

 

 明日はインナーマットについて特集します。

 

(初版:2020/5/17) (更新:2020/6/9)

By TOM屋父 (Tom屋ブログ LifeStyle

 

 私はキャンプ道具はナチュラムで買う確率が高いです。お店で見て、ネットで買っています。  

 

   プライバシーポリシー / お問い合わせ / ©TOM屋Lifestyle