コンパクトなバーベキューコンロがあれば、座ったまま焼けて、焼肉屋さんに行ったみたいに団らんしながら食事ができますよ!【キャンプ】

バーベキュー画像

画像:RepublicafromPixabay

 炭火で焼く肉はとってもおいしいです。TOM屋家はみんな炭火で焼くお肉が大好き。でも焼く人はタープの外に出て、立ってビール飲みながら、みんなと離れてる。なんてことよくあります。身近な人とゆっくり食べるなら、卓上に置けるコンパクトなバーベキューコンロと火の粉にも強いタープが便利です。

 

 

 

卓上のコンパクトなバーベキューコンロと火の粉に強いTC素材のタープで団らんのひとときを過ごしませんか?

(画像Link:YAHOO!商品サイト)

 せっかくみんなできてるのに、焼く人独りぼっち。なんてことがあってはいけません。かといって、バーべーキューを囲みながら立食。なんてのもせっかくキャンプにきているのに、何かゆったりできません。そういう時は、道具を考えませんか?それとそれをする時に注意した方がいいことを書いていきます。

 

炭火の良さは何なのか?遠赤外線効果と燻煙効果です。

炭のイラスト

 炭火とガス火で比較したときの赤外線発生量は約4倍。これが食材に対してとっても効果を発揮します。その中でも遠赤外線は、水分の少ない高温の熱になので、食材のうま味を閉じ込めたまま、焼き上げることができます。それと燻煙効果、炭から出る煙ににより、食材の油分とうまくくっつくことで、香ばしい香りとうま味を引き出してくれます。

 

炭火をタープの下でやるのは危ないです。でも使う方法はあります。

かちかち山。火の扱い方を間違えないよおうにしましょうのイラスト

 使い方によって火の粉が飛ぶので、やり方を間違えるとタープに穴が開いたり、煙が充満したり、いろいろ危ないことがたくさんあります。それにはタープの下で正しく行う方法と道具が不可欠です。*テント内や締め切ったスクリーンタープの中では絶対にやめましょう。命の危険があります。

 

まずは道具をみていきましょう。気に入ったものがありますか?

卓上バーベキューコンロ 

 今回は複数人で行く場合を想定した、卓上で使えるバーベキューコンロを集めました。ポイントはコンパクトで、テーブルなどに熱を伝えにくい構造になっているかです。

ロゴス バーベキューコンロ エコセラテーブルチューブラルS

底にセラミックのボードが敷いてあっり、それが遠赤外線の効果を高くしてくれます。とても薄いのでコンパクト。でも網までの距離がとっても近いので、専用の炭以外を使うのは炭を小さくしなければならないので、ちょっと不便。その代わり持ち運びはとても良い商品です。

(画像Link:Amazon商品サイト)

 

コールマン クールステージテーブルトップグリル

形がシンプルで使いやすいです。折りたためるタイプがあり、TOM屋はつかっているのですが、端部が鋭利な個所があり、少し危ないです。こちらは折りたためないので、このサイズのままですが、それでも十分コンパクトで、使い勝手充分です。

(画像Link:Amazon商品サイト)

 

火の粉に強いタープ

 タープは材質の種類によって、火の粉ですぐに穴が開いてしまったりします。まずはどの素材がどんな特徴があるのかを解説します。

・ポリエステル:一般的な素材で、強度、軽さがあり価格も安いです。水を吸いにくいので雨などでも扱いやすいです。

・ナイロン:とても軽量な素材で価格が高いです。登山用などよく使われます。

★コットン:風合いが良く、燃えにくく結露しにくいですが、価格が高いです。水を吸うので、濡れた場合に扱いにくく、よく乾燥させないとカビなどが生えやすいなど日ごろの保管状況にも気をつけなければならないです。

★T/C(ポリコットン):コットンとポリエステルの両方の利点を合わせた、コットンとポリエステルの混紡素材。コットンほどではないですが火の粉に強く、ポリエステルのように扱いやすいです。コットンとポリエステルの比率が商品によって異なるので、その違いで特長が変わってきます。

 

★マークを付けた素材が火の粉に強い素材です。この中でもT/C(ポリコットン)が扱いやすいので、おすすめします。

 

ビジョンピークス ファイアプレイスTCレクタタープ

 スポーツショップヒマラヤのPBブランドの商品です。このブランドは比較的価格が安いけど、しっかりしたモノを作っている印象があります。こちらの商品はレクタタープでアレンジがしやすい形状で、かつTC素材で火の粉にも強いです。

(画像Link:Amazon商品サイト)

DOD ヘーキサタープ

 DODのネーミングは面白いです、火の粉がヘーキサということと形状のヘキサが掛かっていると理解していますが、あってるかな。シンプルなTC素材のタープで、ワンポイントのDODロゴがとてもおしゃれです。扱いやすい形状なので、初心者の方にもおすすめかもしれません。

(画像Link:Amazon商品サイト)

木炭もできれば選んだほうが良いです

 木炭も種類や湿気の多さで火の粉が出やすかったりします。火の粉の出にくい炭の種類をお教えします。でもちょっと火が付きにくいので、苦戦すると思います(笑)。

成型炭 オガ炭

備長炭よりも火が付きやすいでしょうか。成型されているので、形がそろっています。そのため、コンロに並べやすいですし、クズが少ないですね。火力が強いのに、長く火が持つので、安い木炭と比べてもコスパはあまり変わらないか、こっちのほうが良いような気もします。

(画像Link:Amazon商品サイト)

備長炭 白炭

 備長炭の切れはしを集めたものです。備長炭は高級炭なので、きちんとした形のものは価格が高いです。切れ端だと若干安いし、コンパクトな卓上コンロで使うなら、これくらいのサイズのものが扱いやすいです。もちろん備長炭なので、火持ちと火力は言うことないです。

(画像Link:Amazon商品サイト)

道具を揃えたけど、使うときにはこんなことを気をつけましょう!!

注意のイラスト

換気:煙がでるので、風下に設置する。密閉された空間ではやらない

火の粉タープをできるだけ高くする。もしくはテーブルをロースタイルで使用する。火起こしや炭足しはタープの外でする。タープの下でうちわで仰いだりなど空気を送らない

やけどなど:火元が近くなるので、触ってやけどなどしないように、全員に周知する。

炭の量最小限で大丈夫。炭は遠赤外線を使うので、遠くの強火です。網ギリギリまで炭を乗せないように使ってください。

<本日のまとめ>

 団らんしながら食べる焼肉は、炭火のおいしさ以上のものがあります。コンパクトだと肉あんまり焼けないじゃん!と思う方もいると思いますが、キャンプは肉を焼くだけが食事じゃないので、意外と量はいらなかったりします。たくさん乗せると焼きすぎたりするので、コンパクトくらいがちょうど良い!というのがTOM屋父の持論です。今回テーブルについては触れませんでしたが、コンロ用の窪みが元々ついているタイプもあります。でも、場所が移動できなかったり不便なところがあるので、おすすめしませんでした。

 皆さんもキャンプに行ったときに、こういったスタイルを試してみてはいかがですか?

(初版:2020/6/16) (更新:2020/6/16)

By TOM屋父 (Tom屋ブログ LifeStyle

   プライバシーポリシー / お問い合わせ / ©TOM屋Lifestyle