水切りカゴのトレーのヌメリ。どうにかならないの?そう思うなら、珪藻土マットと水切りカゴの組み合わせを使ってみては?

食器が並んでいるサムネイル

画像:congerdesignfromPixabay

 キッチン回りはいつもきれいにしたいのに、いつも水を切っていても、気づいたらヌメルあいつ。漂白したり、スポンジで擦ったり、あのヌメリは掃除がとっても面倒です。衛生面も気になるので、どうしたらよいかと悩んでいましたが、珪藻土がすごく強い味方になってくれました。

 

 

 

珪藻土マットが付いている水切りカゴにしたら、いつも気分が良いのです。

 以前は水受けトレーが斜めになっていて自然と水が切れるタイプを使っていましたが、それでも時間が経つとちょっとづつ汚れてきます。そしてだんだんトレーの水切れが悪くなり。。。あとは結果はわかりますよね?大きいし、食器を洗うことが優先なので、そんなに頻繁に洗うのはできないので、どうしても汚れが目立ってきてから洗う方も多いのではないでしょうか?

 

珪藻土ってなに?バスマットで知っている方も多いはず。

 海や川で発生する藻(も)などがとても長い時間をかけて植物プランクトンの化石となり堆積し地層となった堆積物を採取したものです。吸水性にすぐれた非常に細かい多孔質な構造を持っています。これがバスマットの代替として一時流行になりました。実際使ってみると、ものすごい吸水力で足が吸われるような感覚が味わえます。吸水した水もすぐに乾燥します。

 

吸水性が継続しないのが、ちょっと難点です。

 多孔質な構造が高い吸水性の理由の一つですが、その細かい穴が汚れなどでふさがってきたりすると、だんだんと吸水しなくなってきます。それに合わせ乾きも悪くなってくるので、陰干しを定期的に行うのが必要です。またそれでも吸水性が下がったと感じたら、紙やすり(400番台)で表面を薄く削ってあげると復活します。紙やすりはホームセンターはもちろん百円均一でも売っています。

 

なんで珪藻土マットが付いている水切りカゴが良いのか?

 影干しをしたり、吸水しなくなったら紙やすりで削らなければならないのは面倒じゃない?と思う方がいると思います。確かにバスマットくらいのサイズだと、大きいし重いし、特にやすりで削る面積が多いので、少し大変。削り粉もでるので、家の中なら新聞紙敷いてみたり、家はやだから外で削る人もいるのではないかと思います。 でも水切りカゴくらいのサイズであれば、そんなに労力がかからないので、定期的スポンジでごしごししたり、漂白したりする労力よりも楽です。

 

珪藻土のドライングプレートと水切りカゴの組み合わせを確認!!

 珪藻土マットといっても、ドライングプレートと呼ばれる少量の食器を乾かす珪藻土のプレートがあります。これを今使っている水切りカゴのトレーに変えるのもできますし、ドライングプレート用の水切りカゴもあります。

 

ドライングプレートのおすすめ

Soil ドライングボード ライト M

 このSoilが販売している珪藻土バスマットが珪藻土人気を押し上げた一役を買っているのではないでしょうか。Soilでは昔からある左官(コテを使って天井や壁などを土で作る技術)の技術を応用して、左官職人が手作りで生産しています。見た目も珪藻土由来の自然な風合いを残したまま、とてもきれいに作られており、ボード以外にもいろいろな商品で展開されています。機能抜きにしてもこの外観は秀逸だと思います。

(画像Link:Amazon商品サイト)

なのらぼ ドライングプレート ワイド M

 ビルなどの内外装の建材を取り扱っている宇部興産建材が販売している、なのらぼのドライングプレートです。国産素材と国内生産で安心です。珪藻土は建材で昔から使われていたモノで、そのノウハウのある建材メーカが独自の技術で作っています。2008年には「ナノ細孔を有する優れた調湿建材」として、世界最大の国際展示会「nano tech 2008 年国際ナノテクノロジー総合展・技術会議」の環境・エネルギー部門の大賞を受賞した素材でもあります。

(画像Link:YAHOO!商品サイト)

ドライングプレートに対応した水切りカゴ

山崎実業 tower ドライングプレート用水切りバスケット ワイド

 この水切りカゴはSoilやなのらぼのドライングプレートを差し込めるように設計されたモノです。ドライングプレートだけを引き抜ける構造になっているので、乾燥させるために水切りカゴを持ち上げる必要がありません。

このサイズに対応しているプレートは先に記載したプレートです。

(画像Link:YAHOO!商品サイト)

<本日のまとめ>

 食器の水切りカゴ使っていますか?最近は食器洗浄乾燥機が付いているおうちが増えていますが、TOM屋の意見は食洗器があっても、あった方が良いです。大き目の食器やフライパンなんかを乾かすためもそうですが、ちょっと使って洗って乾かすなど、食洗器にはない魅力があります。それをもっと衛生的に、楽に使えるようになる、珪藻土プレートと水切りカゴの相性はとても良いと思います。

*普通の水切りカゴでも同じですが、食器を洗った後は、できるだけ水を切ってカゴに

いれましょう。水が多すぎると乾きが悪くなります。

 

(初版:2020/6/15) (更新:2020/6/15)

By TOM屋父 (Tom屋ブログ LifeStyle

   プライバシーポリシー / お問い合わせ / ©TOM屋Lifestyle